ハッピネス・オブ・シャンバラ


釈迦は、
「北の果てから入る世界にシャンバラという世界がある。
そこは寿命が約1000年であって、聖人が棲んでいる世界がある。」
ということを云い残し、

「やがてシャンバラは地上に姿を表わす」
と予言したと云われています。

 

 

 

このDVDは、一般商品として世界ではじめて販売される5ZIGENヒーリングDVDの記念すべき第一号となります。この全く新しいヒーリングDVDに、釈迦の予言にも登場している「シャンバラ」をタイトルに入れた理由について触れたいと思います。

みなさんはシャンバラとはなんなのであるかということをご存知でしょうか?
どこかで一度くらいは耳にされ、理想郷か地底都市の名前であることは知っていても、その詳しい内容を理解されている方は、以外に少ないと思います。

シャンバラ(Shambhala)はチベットに伝わる伝説上の秘密の仏教王国のことで、中央アジアのどこかにあると言われることの多い伝説の都市のことです。元はインドのヒンドゥー教のプラーナ文献やタントラ仏教の『時輪タントラ』に登場する理想郷の名前でした。

シャンバラ伝説は、この『時輪タントラ』とともにチベットに伝わり、モンゴルなど内陸アジアのチベット仏教圏に広く伝播していきます。
『聖 書外典聖書』「エズラ書」によると、シャンバラに棲むとされている民は、異教徒にわずらわされない北の果てから地底都市のアルザルに向かったとあり、その 一部が日本などアジアに広がったとも考えられていて、近代には西洋の神智学者らに注目され、欧米でも有名になっています。

他にもシャンバ ラと似た言葉でShangri-la=シャングリラというのがあります。こちらは、17世紀に 地球空洞説が唱えられた当初に注目された 謎の地底王国=シャンバラ(サンスクリット:Śambhala) のことで、イギリスの作家ジェームズ・ヒルトンの小説 『失われた地平線』に登場する理想郷の英語名称になります。

このシャンバラとうのは、私たちの住んでいる3次元世界で見る事の出来ない 亜空間に存在するとも云われ、旧約聖書や竹内文書などにも表現を変えて登場していますが、現在、その伝説の王国に関していろいろな本が出版されています。

一 方、近年のプラズマ宇宙論によってこれまでの重力理論による 理論物理学の世界が急速に書き換えらつつある現代において、 プラズマによって生じる亜空間王国の存在も、UFOや米国のシークレットガバメントの世界支配戦略と相まって、よりリアリティーを帯びた異世界として認識 されつつあります。

私の実感では、日本を中心に多くの人たちが、シャンバラのような理想郷の先住民と同じ意識の次元である五次元に憧れを 抱いて平和の具体的な実現を唱える社会がやってくることを予見しています。何しろ、そこは競争のない絶対平和な世の中で、寿命が600歳という説もあるく らいですから。

そしてもうすぐこの変化が人間の生理レベルで起こることを強く感じています。その変化とは、約4億年前に両生類が陸に上 がった進化と同じレベルの人類の進化に他なりません。紙幅の関係上その物理科学的な根拠を説明することはここでは渇愛させていただきますが、これはオカル トや単なる夢物語ではありません。

失われた地底王国「シャンバラ」と地球内天体「アルザル」、釈迦の関係
************************************************************************************************************************************
釈迦の弟子が記した経典『月蔵経』20番目の「法滅尽品」には、「ヨハネの黙示録」と酷似した終末が予言されています。そして『観弥勒下生経』は、救世主の誕生を予言したものです。
釈 迦は「釈迦如来」として祀られ、左右に「観音菩薩」と「弥勒菩薩」が配置されていることがありますが、釈迦とイエスの類似性を考えると、「釈迦如来=イエ ス・キリスト」、「観音菩薩=死後復活したイエス・キリスト」、「弥勒菩薩=再臨のイエス・キリスト」を象徴していることになります。

釈迦の予言で最も有名なのが「正法の世が500年、像法の世が500年、末法の世が1000年続く」というもので、釈迦の没後2500年後に弥勒菩薩が下生して、人類を救済するという予言です。
釈迦の生没年は諸説あり一定しませんが、一般的に紀元前560年~480年とされています。
そうすると、現在は「末法の世」の最終段階に突入しており、約2020年頃に弥勒菩薩が降臨することになります。

これはあくまでも大ざっぱな目安であり、前後20年くらいを考慮して、西暦2000年~2040年くらいの間に終末が訪れると判断するべきでしょう。
チベット密教の最高権威であるダライ・ラマは、「2040年頃から人類の黄金時代が始まる」と述べています。

釈迦と同時代の預言者に、『旧約聖書』の「ダニエル」がいます。
ダニエルは、時の王ネブカドネザルの見た夢を解読するにあたって、「メネ、メネ、テケル、ウバルシン」という謎の言葉を語りました。
ある聖書学者によると、この言葉は数字を表し、その合計は2520になるので「2520年」を示すといわれています。

これは釈迦の預言した「2500年後」と20年の誤差しかありません。
この誤差は、釈迦が語った年数がアバウトなことによるものか、またはダニエルの語った時が釈迦入没の20年前だったとすれば一致します。

「ヨ ハネの黙示録」や聖徳太子の予言には、「1260年」という時代周期が示されていますが、そのジャスト2倍が「2520年」となり、これらは全て「60 年」という火星・木星・土星のトリプル・コンジャンクション(惑星の合)が形成される最小周期の21倍(または42倍)なのです。
そして、釈迦・イエス・マホメット・ノストラダムス・聖徳太子は、この火星・木星・土星のトリプル・コンジャンクションの時に生まれ、この3惑星の配置の影響力が預言能力に深く関係しているといわれています。

占星術研究家の高橋徹氏によると、火星・木星・土星のトリプル・コンジャンクションュンは、特定の人物に、歴史に確固たる位置を残すような使命を与えるそうです。


「マタイ伝」に登場する、イエス出生を知らせに東方から来た3人の賢者とは、この3惑星の比喩だとも考えられます。
釈迦の具体的な終末予言は、チベット密教の『カーラチャクラ・タントラ』に継承されましたが、それによると、シャンバラの大王が「12軍団」を率いて北の果てから降臨するといいます。

これと全く同じ表現が、「マタイの福音書」にイエスの言葉としてあります。
「私が父にお願いすれば、父は12軍団以上の天使を今すぐ送って下さるだろう」
12軍団とは……アルザルに住む「イスラエル12支族」を指しているのでしょうか。

アルザルに入ったのは初めは10支族だけでしたが、後にイエスの12使徒(2支族)の一部も、イエスの勅命で10支族の後を追ってアルザルに移動しています。
しかし、これがイエスの時代であることを考えると、イエスの使徒ではないことがわかります。
また、「12軍団以上」ということは、イスラエル12支族以外の者もアルザルにいると解釈できます。
だとすると、ノアの大洪水前にアルザルに移住した「ムー人」が考えられます。
そう考えると、イエスの時代に「12軍団以上が今すぐ出陣可能」ということは、約2000年前に既にUFOが存在したという根拠の1つにもなります。

ちなみに、チベットのヘーミス寺院の古文書によると、イエスはチベットでの修行中、ムー帝国の聖典『聖なる霊感の書』を学んだといいます。
釈迦は「56億7000万年後に弥勒菩薩が下生する」と予言しましたが、この数字は象徴であり、実際に弥勒菩薩が降臨するのは釈迦の死後2500年後の「末法の時代」です。

これが聖書でいうところの「イエス・キリストの再臨」であることは言うまでもありません。
法華経を広めた日連は、「末法の世に地涌菩薩が現れる」と予言しています。
という事は「弥勒菩薩=地涌菩薩」となりますが、「地涌菩薩」とは文字通り、地底から涌くように出てくる弥勒菩薩としか読めません。
地涌菩薩の正体は、シャンバラの大王率いる「12軍団」なのでしょうか。
つまり、イエス・キリスト率いるイスラエル12支族が地上に帰ってくるという事なのでしょうか……。
************************************************************************************************************************************
(参考文献「201X年終末大予言の秘密」「日蓮と釈迦の大予言」)

現代を生きる私たちが気をつけなければならないことは、仮にこうした宗教的な予言に基づいて人為的に戦争や災害が引き起こされた結果、世界統一を謀ることを目的としている人間たちの本当の狙いです。

彼らの手による未来の世の中が本当に素晴らしいものになるのかという視点をもって、今からに準備を進めておくことが大切なのではないでしょうか。
地球規模の変革は、人間が創り出した神(人間)によって引き起こされるものではなく、地球を含む宇宙に存在する善の意識によって生み出されるものであることを忘れないで欲しいと思います。

こ の「ハッピネス・オブ・シャンバラ」をご覧いただくことで、誰の潜在意識にも存在するネガティブに偏った感情がほぐされ、マイナスの S極単極電子を中和することで、 私たちの心が本来求める五次元的な理想世界へつながるプラズマ周波帯に同調し進化することを可能にしました。

 

 

 

ハッピネス・オブ・シャンバラを体験した人の声


ハッピネス・オブ・シャンバラを愛用されている方から寄せられたご感想や体験談を掲載します。原則として、ご本人から寄せられた文章を掲載しています。読みやすいように多少編集している部分もありますが、ここに書かれていることは事実です。

I・Sさん(女性)
ハッピネス・オブ・シャンバラを拝見させて頂きましが素晴らしかったです!!!
空間の波動も私自身の波動も一気にあがって身体が楽になりました。
細胞が活性化している感じがします。
人間は見えるものがリアルになってしまいますが宇宙では見えていない方が97%と云われています。
このヒーリングDVDで私は 体内知覚のみならず、体外知覚、空間知覚、次元知覚 までも反応し、目で見えるものということよりも目に見えない方の知覚にかなり響きました。
またチャクラ的には特にアジナや脳幹にびんびんと響きました。
人間は本来自由な存在なのに、3次元に閉じ込められ 膜に覆われ、日常の生活や仕事や人間関係などに雁字搦め状態です。
だからこそどんどん進化し、このような素晴らしいDVDなどで膜を破っていく事が大切なんだと思いました。
今はこのDVDを部屋で流していたり、また寝るときに頭の上でかけたまま寝たりしています。
宇宙の変革期の今、本来の自由な自分を取り戻せるようにこれからも頑張っていきたいと思います。
素晴らしいDVDに出会う事ができて良かったです。
ありがとうございました!!!

N・Mさん(女性)
ハッピネス・オブ・シャンバラありがとうございます。素晴らしいです。
プラズマエネルギーを受けていると涙とまりませんでした。
これまでずっと、この世は地獄だと感じて生きてきたのに、それが画面から放射されるエネルギーを受けると、雲の上で暮らしているような気になって、子供の頃の、いっぱい持ってた、かわいい愛で包まれました。
もっと、多くの方がこのヒーリングDVDを手に取ってもらえたら、この世界は本当に変化すると思います。

 

 

このDVDを再生し、再生画面から発せられるプラズマエネルギーを浴びると、潜在意識の広大な海に波打つネガティブな要素の周波帯、生まれてから今までに蓄積してきたネガティブな要素に邪魔されずに、5次元宇宙につながる橋を渡っていただければと思います。

 

ハッピネス・オブ・シャンバラ

ご購入
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
定価:12,343

価格: ¥ 10,310 (消費税込)

OFF: ¥ 2,033 (16%)

商品構成:DVDメディア1枚

ご購入は、