プロフィール


略歴

1968年 大阪府生まれ

小学生時代より、人体の不思議さ、催眠術、宇宙などに興味を持ち、 独自に研究を始める。 当時の夢は芸術家か科学者になること。ちょっと、変わり者。4歳の頃に重い肺炎にかかり、医者からは「48時間後の山を越えられなかったら、この子は亡くなる」と宣告を受け、死の淵を彷徨う。それ以来、星と人体地図を暇さえあれば眺めるようになる。

 

立命館大学経済学部卒

(人間の意識や感情が目の前に現れたリアルな世界が経済である。という考えから 将来は、経済の研究者になる夢をもって入学したが、授業にはあまり出ず、屋上で 空想ばかりしていた。深層心理での目的は京都で絵を描きたかったこと。)

 就職の内定先も決まり卒業を間近に控えた年明け、人生の価値観を変えることとなる出来事に遭遇する。この経験が後の心理ヒーラーという天職の道へと繋がっていく基となる。

 

1992年 1 部上場の衛生陶器メーカーに就職

当時テレビCMで流れていた「おしりだって洗って欲しい」のキャッチコピーに魅かれ入社。(新人研修時代に配属先が希望していた広告宣伝部ではなく営業部に決まり、5年で異動できなければ退職することを決める。在職中はT自動車の本社や業界2位のライバル会社 本社拠点を担当し市場開拓営業にも従事していた。)

 

1999年 ヒーラー・美術作家として独立

(予定より1年遅れで、独立。給料は一気に数分の一に)震災で壊滅状態になった神戸を拠点に、『人と都市の再生(自分自身の再生)』をテーマに 東京・京都・地元である広島で作品を発表・販売。 当時、ピアニスト フジ子・へミングさんの肖像画を描き、オーナーとなっていただく。

広島県立図書館で「広島ゆかりの画家100人」のひとりとして図録を展示してもらう。また、なぜか 個展を開く度に、心の病の相談を受けるようになる。 手紙やメールによるカウンセリングから始まり、対面での相談件数も増えていき、 年間300件以上の臨床の経験を積む。

 

2010年 岡山の医療教育機関を中退
医療系国家免許を取得するために、解剖学、生理学、運動学などの西洋医学を学ぶも、違和感を直感し、自分が目指しているものは、全体的な素質の復元を目指すもっと広い心・身体と“空”の関係世界であることを再認識する。

 

2010年 天路Tenro心理療法ラボ設立

(気功)と(ミルトン・エリクソン博士創始の解決思考アプローチ)をベースに独自の0ゼロ・ポイントヒーリングを10年間の研究のすえ完成させる。これまで私的な活動として相談を受けていた心理療法による心身のヒーリング、心理カウンセリングを事業として始動。

 

2013年2月 天路Tenro 0ゼロ療法ラボへ改名

「超0ゼロ(反エントロピー)療術」の確立
マイナスS極単極子、ヒッグス素粒子との縁起を想定した超0ゼロエネルギーヒーリング技術を開発。プラズマ宇宙エネルギーにアクセスするための超瞑想法、顕在・潜在意識療法指導、気功によるヒーリング、脳力開発の、私設研究所を設立。最先端の量子物理医療や脳生理学・脳機能学、認知科学、心理学を現場に融合させて、研究を続けている。現在、世界規模で会員を有する 天路Tenroくらぶを主催。

 

2013年10月 5ZIGEN技術研究所を設立

「超0ゼロ(反エントロピー)療術」によって獲得されたプラズマ宇宙エネルギーのDVD化に成功。5ZIGENヒーリングDVDの開発・販売部門として5ZIGEN技術研究所を立ち上げる。「エネルギー保存則」、ニュートンの「作用・反作用の法則」といった物理学の基本則を破っているように見える「未知のクリーンエネルギー」技術について研究を行う。